IT×災害会議 派生プロジェクト紹介「IT DART」

IT DART Logo情報支援レスキュー隊(IT DART)

IT DARTを始めた経緯は?

IT DARTは、2013年10月6日に行われた第1回目のIT×災害会議において始まった取り組みです。第2回目のIT×災害会議やその後の発足までの議論や検証などを2年を経て、今年「一般社団法人情報支援レスキュー隊(IT DART)」として社団法人化しました。

背景として近年、大規模な災害が起きると情報サービスやネットワークなどの情報活用の仕組みが十分に機能せず「情報の空白地帯」が発生します。それによって緊急支援が滞り、被災者はきわめて不自由な生活を余儀なくされることを、阪神・淡路大震災や東日本大震災などの経験がありました。

地震だけでなく、津波・水害・噴火などの災害時に人々の生命・財産・安全を守り、一日も早い復旧・復興に向かうためには、被害の状況や被災者のニーズに関する正確な情報を迅速に収集・発信することが必要となります。この課題に対処するため、災害時に自発的に活動する有志をあらかじめ組織し、トレーニングを行い、連携体制を整え、緊急時に被災地からの情報発信・収集を最大限に可能とする取り組みを平時から進めておく必要があると考えました。

こうした考えに基づき、私たちは自らの情報技術(IT)に関する専門知識と技能、経験、資源を持ち寄り、IT DARTを運営しています。

itdart_1

具体的にどのような活動をしていますか?

発災後即座に活動を開始し災害急性期から本格的な復興事業が始まるまでを活動期間として、情報の収集・活用・発信に関わる支援活動を機動的に行います。

今年9月に発生した北関東から東北の豪雨に際しては、2度ほど現地に赴き、自治体やボランティアセンターなどの情報ニーズ調査を行いました。自治体やNPOなどへのWebサイト作成やIT機器の設置なども行っています。

itdart_2

現在は組織運営のためのルール作りや体制固めを行いつつ、平時から進められるシステム調査や開発、また被災地への継続支援を行っています。

itdart_3

「ITx災害」会議に参加される方、参加しようと考えている方にメッセージ

現在、正会員、賛助会員、隊員を募集しています。会の運営に興味がある場合は正会員に、実際の支援活動に興味がある場合は隊員としてのご参加を是非ご検討ください。詳しくは、http://itdart.org/wanted/ へ。

参照情報

公式サイト: http://www.itdart.org/
Twitter: @it_dart
Facebook:IT DARTの活動を考える