第3回 「IT×災害」会議へのお誘い

By | 2015年10月9日

平成27年10月15日

第3回 「IT×災害」会議へのお誘い
ITで災害に関わる人たちが、つながり×ひろげる

ご案内各位

 ITに関わる私たちが取り組んだ東日本大震災での活動を共に分かち合い、反省し、被災地への復興支援と来たるべき新たな災害に備え「何をすべきか、何ができるか」を考える”「ITx災害」会議” が「つながる」をテーマにはじめて開催されたのは、2013年10月のことでした。
これを機に生まれた新たな「つながり」は、具体的な活動へと結びつき、その取り組みについて議論を深めようと「つながる x うごく」をテーマに、第2回会議が、2014年10月に開催されました。
そして今年、これまでに生まれた様々な「つながり」や「うごき」を地域や世代を越えてさらに拡げてゆくために「つながり x ひろげる」をテーマに第3回会議を開催いたします。

「ITx災害」会議は、ITに関わる私たちが、ゆるくつながる「場」でしかありません。そんな「場」であるからこそ、利害や立場を越えて、その想いや知恵をぶつけ合うことができるのだと思っています。そして、思わぬ化学反応が起きることを楽しんでください。

ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いです。
なお、定員に達し次第に締切となりますので、お早目にお申込みください。

第3回「IT×災害」会議実行委員会

<<プログラムの概要>>

日 時:2015年11月21日(土)10:00〜17:30(終了後懇親会を予定)
会 場:情報システム研究機構・統計数理研究所/東京都立川市
主 催:「IT×災害」会議実行委員会
共 催:新領域融合プロジェクト システムズ・レジリエンス
定 員:120名(申込先着順、定員に達し次第締め切ります)
参加費:2,000円/人 学生 1,000円/人 (イベント運営費・炊き出し訓練費用として承ります)
懇親会費: 3,500円/人 学生 3,000円/人(会議終了後に希望者のみで開催)
対象者:ITやインターネットに関わり、
○東日本大震災などの災害支援活動に取り組んで来た方々
○将来の災害に備えた活動に取り組んでいる方々

公式サイト:http://2015.itxsaigai.org/

参加申込:

  • 参加を希望される方は、11/14(土)までにこちらの申し込みフォームよりお申込みください。
    ※定員に達し次第に締切となります。
    ※参加にあたっては、以下の点にご留意ください。
  • 本イベントは交流を図るために定員・登録制となっております。
  • Facebook 「ITx災害」公開グループに、ぜひご参加ください。当日の会議を価値あるものにするために、積極的にご活用ください。
  • お問合せは、まず当イベントのサイトの「よくある質問」をご確認ください。
    「よくある質問」に掲載されていない場合は、メールでstaff@itxsaigai.orgまでお問い合せください。

アジェンダ: 詳細はこちらをご覧ください。

09:30 受付開始
09:40 初めての参加者のためのオリエンテーション
10:00~ テーマ1「気持ちをつなげる」
【やってみる】隣の人と話そう
【話を聞く】「IT×災害」会議のこれまで
【話を聞く】災害支援の過去・現在・未来
11:30~ テーマ2「ひろくつながる」
【やってみる】炊き出し訓練(芋煮の作成実習と試食)
13:00~ テーマ3「わいわいつながる」
【語り合う】テーマごとの部屋に分かれてセミナーやワークショップ(1コマ60分×3回)

A:支援システムとしくみ B:国・自治体・市民のIT連携 C: 災害時のTwitter活用 D:災害支援ツールの体験 E:IT支援活動の現場から F:エンジニアができる貢献
13:00 個別セッション1クール目 A1:Amazonを使った物資直接支援システム(1)(日本災害支援機構) B1: 国土強靱化の紹介と大規模災害時の情報伝達の現状(内閣官房 国土強靭化推進室) C1: ツイッターによる災害情報の共有(1)(国土交通省国土技術政策総合研究所) D1: 地図系セッション:災害時に活用される主題図を考えよう(京大防災研究所) E1: 減災インフォで収集・作成しているデータの活用方法のディスカッション(減災インフォ) F1: もっとITx災害を推進するエンジニアリング志向なプロジェクト(1)(IT×災害)
14:00 (移動&休憩)
14:10 個別セッション2クール目 A2:Amazonを使った物資直接支援システム(2)(日本災害支援機構) B2: 災害時の情報共有・情報交換:徳島県の事例から(徳島県庁) C2: ツイッターによる災害情報の共有(2)(国土交通省国土技術政策総合研究所) D2: 地図系セッション:OSMを触ってみる(京大防災研究所) E2: 関東・東北豪雨災害から考えるITによる災害支援(1)(IT DART) F2:もっとITx災害を推進するエンジニアリング志向なプロジェクト(2)(IT×災害)
15:10 (移動&休憩)
15:20 個別セッション3クール目 A3:ソーシャル・プロジェクトマネジメントの必要性(PMI日本支部) B3:「自治体とIT活用」国、県と防災に関する情報受発信を考える(B1、B2を通したワークショップ)(減災インフォ) C3: ツイッターによる災害情報の共有(3)(国土交通省国土技術政策総合研究所) D3: 電話×IT:Twilioを使った災害ソリューションを体験((株)デザイニウム、Code for Aizu) E3: 関東・東北豪雨災害から考えるITによる災害支援(2)(IT DART) F3: もっとITx災害を推進するエンジニアリング志向なプロジェクト(3)(IT×災害)
16:20 (移動&休憩)

16:30~ テーマ4「次につなげる」
【分かち合う】この日の取り組みを共有し、どのように「次につなげる」かを確認
17:30 クロージング・片付け
18:00〜 テーマ5「もっとつながる」
【もっと語る】懇親会(希望者のみ)

過去会議でやったこと:

第1回IT×災害会議レポート
第2回IT×災害会議「つながり×動く」レポート

ITx災害コミュニティの活動:

IT×災害コミュニティWEBサイト

第3回「IT×災害」会議実行委員会:メンバー一覧(50音順)

「ITx災害」へのお問い合わせ

ご意見・ご要望、取材のお申し込み等は、以下のメールアドレスにお送りください。
実行委員長  岸原孝昌
お問い合わせ窓口  staff@itxsaigai.org

以上